So-net無料ブログ作成
検索選択

<WHO>臓器提供指針案を採択(毎日新聞)

 世界保健機関(WHO)は21日、ジュネーブで開かれていた総会で、生体ドナー(臓器提供者)の健康調査と臓器売買の禁止などを柱とする指針案を採択した。法的拘束力はないが、日本を含む加盟国に対応が求められそうだ。

 指針では、死者からの臓器提供を原則とした上で、国内法で認められている場合にのみ生きている人からの提供を容認した。また、実施する場合には、健康な人にメスを入れる点などを踏まえ、ドナーの健康を追跡するよう求めた。臓器売買については、提供時の金銭的な報酬や売買を促す広告、あっせん仲介料を禁止している。

 日本では臓器移植法で臓器売買を禁止し、生体移植については運用指針で例外的に認めると定めている。しかし、08年実績で肝移植の97%、腎移植の83%が生体からの提供で占められるなど、死体より生体への依存度が高い。

 このため臓器移植法が改正され、今年7月から本人の意思がなくても家族の同意だけで提供できるようになるが、実際にどの程度増えるかは不透明だ。

 一方、生体ドナーの健康調査については、各医療機関で対応が分かれ、長期的に追跡できていない。

 日本移植学会の寺岡慧理事長は「日本で生体移植を減らすことは非常に難しいが、WHO指針に対応できるよう模索していかなければならない」と話す。【藤野基文】

【関連ニュース】
東京医大:第三者委員会を設置 不祥事相次ぎ
臓器移植:虐待疑いの児童から摘出禁止 厚労省が運用指針
宇和島徳洲会病院:病気腎移植手術 4例目を実施へ
携帯電話:発がんの危険認められず WHO機関大規模調査
ひと:松村由利子さん 科学ジャーナリスト賞受賞の歌人

野良猫餌やり訴訟、加藤九段が控訴断念の意向(読売新聞)
経営会社に7900万円賠償命令=「日本海庄や」過労死訴訟―京都地裁(時事通信)
口蹄疫 スーパー種牛を殺処分 全国ブランドに衝撃(毎日新聞)
神戸児童連続殺傷13年 子供への思い変わらず(産経新聞)
ボタン電池どう回収? 業界がルート統一 周知乗り出す(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。